タイガーバック社の掃除機日本総代理店

資料

製品資料

引火性ダストを回収する掃除機の認定基準について

危険区域における北米基準はDivison 1, 2, Class Ⅱ、Group F、Gに属している引火性ダストの必要条件に基づいています。
今日、NEC(NFPA 70:米国電気工事基準)はIECのZone20、21、22のダストの国際基準を満たしています。
当社では国際基準を取り入れており、Zoneシステムを以下のように用いています。

Division1=Zone 20, 21
Division2=Zone 22

欧州のZone22の機器の場合は、以下のことにご留意ください。ATEX Zone 22 の機器はNRTL(米国の国家認定試験機関)システムとしては認められませんが、この認証は必要です。
欧州ではこれらZone22の認証機器は、北米におけるNRTL(米国の国家認定試験機関)システムとは異なり、製造元での認証です。
当社の危険性のDivisionシステムは、欧州のZoneシステムとは異なるので、Division2、Zone22で引火性のあるダストを回収する掃除機を比較する時は、厳格にする必要があります。
この場合、資格のある携帯掃除機はEPL(機器保護レベル) Dcとなります。
しかし、大量の引火性ダストを回収するのは安全ではありません。引火性ダストを大量に回収できるのは、EPL Da,Dbとなります。
推奨機器はNFPA(全国防火協会)654に記されています。
93㎡までの床表面の95%で、引火性ダストの層が0.8mm以下のところではEPL Dcをお勧めします。
引火性ダストの層が0.8mm以上のところ、また揮発性液体が目に見えて存在する場所ではEPL Da, Dbが必要になります。

最新モデルのC-10EXシリーズは、Division2、Zone22用のEPL Dcが認証されています。
この掃除機は外部のパワーヘッド以外は、EPLDa, Dbと同じレベルの内部保護基準です。全ての電気部品はEPL Dc基準です。

この掃除機は、上記一定レベルで、製パン所、射撃場などでの引火性ダスト、毒性物質、危険物質、その他指定物質(アスベスト、シリカ、鉛など)の回収に最適です。
ISO9001:2008、CSA,ATEX,IECEx,NRTLなど、世界的な基準を満たしているだけでなく、それ以上の基準をもっています。
当社では継続して、商品の質の向上に努めており、お客様のニーズに合わせて、新製品を開発しています。 Tiger-Vacは、「HAZLOC PORTABLE VACUUM CLEANERS ORGANIZATION」に加盟しています。

お問い合わせはこちらまで TEL 03-3902-8501

PAGETOP